合宿免許の最大のメリットというのは、なんといっても、最短の期間で正規の運転免許証が取得できるというところにあるといえるでしょう。

自動車学校に普通に通学して運転免許証を取得しようとすれば、毎回通学に時間がかかる上に、予約の混雑などで技能教習を計画どおりにこなせるとは限りませんので、卒業までには最低でも数か月、場合によっては半年くらいはかかるかもしれません。
しかし、合宿免許であれば、教習コースの最寄りのホテルや旅館などに宿泊しながら学科教習と技能教習の両方のカリキュラムを日々計画的に、しかも確実に受講することができますので、最短の期間ということが可能になるのです。



ところで、この合宿免許の期間ですが、どのような自動車学校のカリキュラムを選択したとしても、普通自動車の場合であれば、少なくとも2週間程度は必要となってきます。

これは、技能教習では実際にハンドルを握って運転することから、運転による疲労の影響を考慮して、国のほうから1日あたりで受講できるコマ数の制限を課しているという事情によります。

また、合宿免許の途中では、一定の技能教習や学科教習の終わりにあわせて、技能検定、仮免許学科試験、卒業検定といった、実際に自動車を運転できるレベルに到達したことを確認するための各種の試験を受けなければならないという理由もあります。



こうしたことから、合宿免許は最短の期間での卒業が可能であるとはいっても、逆に最低限確保しなければならない期間というもの設けられているのです。



 
Copyright (C) 2015 合宿免許で卒業するための最低限の期間 All Rights Reserved.