夏休みなど、まとまった休暇を利用して免許を取得することができる合宿免許は、いちいち教習所に通う必要がないので便利です。

合宿免許を取得する流れとしては、まず、学科教習があります。交通法規や運転上のルールやマナーなどを学びます。



また、技能教習も並行して行うことが多いです。



MTの方がATよりも長い時間の教習が必要になることが多いです。

基本的な車の操作方法から安全運転を行うためのテクニックを学びます。
そして、これらの技能がしっかりと習得できているかどうかの効果測定をパスすることができれば、合宿免許の第1のステップはクリアです。

その後は、走行技能の検定があります。

さらに、学科試験もクリアしなければなりません。

走行技能検定は70%以上、学科試験は90%の得点率でクリアになることが多いです。これらをパスすることができれば、仮免許を取得することができる段階に達します。そこからは、高度な運転技能を習得するために、高速道路の走行方法や応急救護方法など、高いレベルの理解を求められる内容に取り組んでいきます。

そして、技能教習も高速道路や危険予測訓練といった、実践に即したような訓練を行っていきます。

友部自動車学校といえばこちらがオススメです。

ここでも、MTの方がATよりも訓練時間が長い場合が多いです。


その後は、卒業検定を行うことになるでしょう。

路上での運転技能を確認するための試験を受け、さらに自分で目標地点まで到達するなどの試験も受けます。

70%以上の得点率で合格になることが多いようです。

卒業が認定されたら、運転免許試験場で本試験を受験することになります。ここでは、運転技能試験は免除されることがほとんどで、視力検査などの適性検査と、学科試験を受験することになります。

それに合格することができれば、運転免許交付となります。早ければ、2週間程度で免許取得が可能です。

 
Copyright (C) 2015 合宿免許を取得する流れ All Rights Reserved.