自動車の合宿免許は、費用が安いことや短期間で免許が取得できること、さらに新しい出会いがあったり、観光気分で楽しく参加することができたりなど、通学にはない様々なメリットがあります。


しかし、合宿免許は特殊な方法での免許取得となりますので、注意しなければならない点もあります。

まず、まとまった休みが必要です。

スケジュールは自動車学校のほうで予め組まれており、基本的に変更することができません。

そのスケジュールに合わせるためには、最低でも2週間程度のまとまった休みが必要になります。期間内に卒業することができないと、さらに2~3日長くなることもあります。



したがって、最低2週間程度のまとまった休みを取ることができないと、合宿免許は難しくなるわけです。

そのため必然的に長期休暇がある大学生や自由登校期間中の高校生などの申し込みが多くなります。


二つ目は、人数制限があることです。

これは宿泊施設や配車に限りがあるからです。



そのために人気校になると、かなり早い段階から定員になってしまうこともあります。どうしても行きたい合宿免許がある場合は、直前に申し込むのではなく、半年程度前から準備を進めていく必要があります。

合宿免許といえば人気沸騰中のこちらがオススメです。

そして三つ目は、初めての道路を走ることになることです。


良く知っている道を走る場合は安心感もありますが、全く初めての道を走るのはベテランドライバーでも緊張するものです。ただ、田舎の自動車学校の場合は、道路が空いていて比較的運転が楽なことが多いです。

 
Copyright (C) 2015 合宿免許の注意点について All Rights Reserved.